日頃より連盟の運営にご協力頂き誠に有難うございます。
昨年の台風によるグラウンド冠水、今年度のコロナ禍による期間短縮と連盟としても辛いシーズンとなりました。
チーム、選手のみなさまには多大なご協力をいただき感謝申し上げます。

さて、2021年度の大会運営について変更事項がありますのでお知らせいたします。
変更事項をご確認の上、来年度の登録をご検討いただけますようお願いいたします。

変更事項

1)チーム審判員制度の採用
連盟の公認審判員の高齢化、人員減少に伴い、来年以降も従来とおりに『連盟の公認審判員による3人制システム』を維持することが難しくなっています。
審判員を募集育成することは勿論ですが、短期間で多くの審判員を養成することは困難と思われるため、チーム審判員制度を採用させていただくことになりました。
一般部では、「勝ち審」制とし、第1試合は連盟の公認審判員(3人)で試合を務めますが、第2試合以降、球審は連盟の公認審判員とし、塁審は前の試合の勝ちチームから塁審2名に出ていただくこととします。
準決勝、決勝戦は公認審判員が担当します。

【審判講習会】
2021年2月11日(学童向け)、28日(一般向け)の2日間、審判講習会を開催します。
講習会では、3人制時の塁審の動作などの講習を行います。
ぜひ参加いただけますようお願いいたします。
詳細は、ホームページにてご案内いたします。

2)壮年部大会方式
壮年部はリーグ戦での開催とします。
リーグ戦は1ブロック7チーム6試合制とし、8チームのブロックでも全6試合とします。

3)試合方式
2021年度世田谷区軟式野球連盟大会の試合時間を1時間30分を超えて新しいイニングに入らないとします。
試合は7イニングとし延長戦は行わずタイブレ-ク方式(特別延長戦)にて勝敗を決する。
*詳細は、2021年度大会規定・試合時間制規定を参照(2021年1月末更新予定)

4)ゴールデンウィークの日程
5月2日(日)〜5日(水)までのゴールデンウィーク期間は、2日(日)のみ試合を行います。
2日(日)は、固定の日程ではなく順延によって変更になる場合があります。

5)上部大会出場チーム
2019年よりポイント制を導入し、上位チームによる決定戦で出場チームを決めていましたが、2020年度の大会においてポイント対象大会を開催することができませんでした。
理事会で協議の結果、2021年度、2022年度の上部大会出場チームは連盟推薦とします。

年度登録の流れ

12月20日頃 ホームページにて年度登録のご案内を掲載

1月20日(水)まで 事前登録申込書・大会参加申込書の提出 
指定のファイルに記入、メールで提出

1月28日(木)まで 登録費・大会費の振り込み 
指定金融機関にお振り込みください。

1月30日(土) 本登録 
東京都軟式野球連盟登録申込書を指定の場所にて提出

2月20日(土) 主将会議 

3月7日(日) 大会開始 

連盟からのお願い

一般部の役員が少なく、会議の運営にも支障をきたしています。
1月30日(土)の本登録、2月20日(土)の主将会議をお手伝いしてくれる人員を募集します。
各10名ほどお手伝いいただけると大変助かります。
手伝っていただける方はご連絡ください。
連絡先:事務局 川久保繁樹
ippan.zimu@sbbl.tokyo

募集日時・場所
登録受付
2021年1月30日(土) 9時〜16時(受付は13時〜)
三茶しゃれなあど
世田谷区太子堂2―16―7
内容 登録受け付け、書類確認

主将会議・抽選会
2021年2月20日(土) 17時〜21時
成城ホール
世田谷区成城6―2―1
内容 受け付け、抽選会